dentist

入れ歯の歴史

入れ歯は昔から存在していた

歯が欠けてしまったたら歯科で入れ歯をいれてもらう治療がまず思いつくでしょう。歯がなくなって困ってしまうのは数千年前の人たちも変わらない悩みだったようです。そのためか入れ歯というのは紀元前から存在していたようです。このようなものは西洋の方が発達していたと思われるかもしれませんが、日本でも昔から入れ歯は使われていました。そして驚くことに日本の方が今の入れ歯の形に近いものを使っていたというのです。日本で最古の入れ歯は全部木で作られた「木床義歯」というものでした。形だけを見ると今の入れ歯とさほど変わりはなく、昔の日本人の手先が器用であることを物語っているようです。このようにして古今東西で入れ歯というものは存在していたようです。

インプラントという歯科治療について

歯が欠損したときの歯科での治療法として近年ではインプラントという治療法が普及してきています。インプラント治療はチタンをあごの骨に組み込む手術を行い、チタンと骨が結合したら人口の歯を取り付ける治療法です。このインプラント治療を実施する歯科医院も増えてきました。インプラントは元の歯と変わらない噛みごたえを取り戻すことが出来ることと、隣の歯に負担をかけないことがメリットといえるでしょう。しかしながらインプラント治療は保険のきかない自由診療であるため治療費は自己負担になってしまいます。歯1本当たりの治療費は30万円から50万円ともいわれています。このように高額の治療費がかかるため治療前には歯科医師の説明を聞いて納得してから治療しましょう。

Copyright© 2015 ホワイトニングやインプラントで美しい歯|誰もが見惚れる All Rights Reserved.

Design by Megapx
Template by s-hoshino.com